masahiko yamauchi

生産システム改善

生産システム改善にあたって

企業の生産形態・生産方式には様々なものがあります

  • 企業の生産形態・生産方式には様々なものがあります。例えば、造船業や航空機産業のように繰り返し性が少ない生産形態があります。
    生産システムの改善は、それらの特徴や企業風土に合った改善が必要です。過去の製造業での改善業務を通じたノウハウやネットワークを活用して、特に繰り返し性の少ない生産形態や個別生産方式にも対応します。

生産システムの改善には、原理原則があります

  • 生産システムの改善には、原理原則があります。これは何も改善だけに限ったことではありませんが、まず、何故(Why)、何を(What)、どのように(How)を常に自問自答することです。昨今の改善は目的がなく手段のみが独り歩きしている例が多すぎます。
    その次が作業の標準化でしょう。改善の基準になるものがなければ”改善ごっこ”に陥ってしまいます。

支援内容

経営数値分析

  • 生産システムの改善は、経営数値の一環としてとらえる必要があります。経営数値に直結しない改善にならないために、経営数値の分析を行い、改善点を明らかにします。

生産システムの構築・改善

  • 生産システムは、物を作るハードシステムとそれを管理するソフトシステムで構成されています。改善はこれらを一体で考えなくてはなりません。
    経営数値の分析結果をもとに、改善の目的を明確にし、どこをどのように改善するかはこちらからの押し付けでなく、関係者の議論の中で進めます。それによって何故このように改善するのかの認識が高まります。

経済性計算

  • 改善は経営数値の分析から進めますが、改善対策が実際に効果があるかどうか事前に確認する必要があります。そのために必要に応じてコスト計算や設備投資計算などを行います。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional