masahiko yamauchi

知的財産戦略・管理

知的財産とは

  • 知的財産とは、特許等の産業財産権や製造ノウハウ等の財産のことで、一般的に特許や意匠、商標などを指します。
  • 特に企業にとって重要な知的財産は特許です。特許を如何に企業活動に活かすかが重要です。

知的財産の重要性

  • 製造業として生き残るためには、確かな事業戦略の下で常に技術開発を行い、他社にはない強い製品を開発して世に送り出す必要があります。そのためには事業戦略と一体となった技術戦略とともに、知的財産戦略が欠かせません
  • 知的財産戦略には特許が大きな要素になりますが、特許の取得が必ずしも事業展開につながりません。他社からの参入を防ぐような障壁を構成したり、ノウハウとして秘匿したりと、様々な戦略を立てなければなりません。

支援システム

  • 知財戦略の支援に当たっては、”中部知財コンサルティング研究会”のメンバーの専門性を有効活用し、企業の課題解決に合った専門家を派遣して対応します。
  • 以下のような課題に対して対応します。
    • 総合的な知財戦略を立てたい!
    • 特許マップの作り方を知りたい!作成したい!
    • 他社との共同開発にあたっての留意点を知りたい!
    • 職務発明制度などの社内管理システムを構築したい!
    • 技術流出防止の観点から製造ノウハウ管理を強化したい!  など

中部知財コンサルティング研究会

  • 中部経済産業局の支援事業である”中小企業知財戦略支援モデル事業”に参加した専門家(弁理士、中小企業診断士、技術士など)が、知財コンサルティング普及のために設立した専門家集団です。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional